2006年03月31日

子どもの生活リズム改善効果検証−天童市

日常生活の夜型化が進む中で、子どもの生活リズムの乱れが心身にどう影響しているのか把握しようと、天童市は2006年度、医・学・官の連携による「幼児・児童の生活リズムづくりモデル事業」を実施する。実態を調査するのに合わせ、早寝・早起き運動を展開する。市のほか、地元医師会と幼児教育科がある羽陽学園短大(同市)が主体となり、4月にも事業実施委員会を設置する。

調査は保育所や児童館、幼稚園などの保育施設に通う5歳までの幼児・園児が対象。質問表を作成し、就寝時間帯や施設での表情、行動などを保護者や保育士らに記入してもらう。続けて、早寝・早起き運動を展開し、規則正しい生活の効果を検証する。06年度末までに、現状と今後の対応策をまとめた報告書を作成する方針。

日本小児保健協会の全国調査(2000年)によると、午後10時以降に就寝する2歳児の割合は59%で、20年前に比べ30ポイント増加している。睡眠・寝覚めのリズムが不安定な子どもの追跡調査では「無表情」「リズムを伴う遊びが稚拙」などの傾向が強いという結果が出ている。

市内の保育現場でも近年、精神的に不安定な子どもが増えており、生活リズムの乱れが原因ではないかとの声が上がっていた。

市児童家庭課の長瀬一男課長は「親の生活が子どもにも影響している。どうすれば有効な支援ができるか、現場だけでなく、医師や研究者を含めた総合的な見地で進めたい」と話している。(河北新報より)
大変興味深い調査。今後の対策のため、広く結果を公表してもらいたい。

banner_03.gif にほんブログ村 子育てブログへ

クリックで応援お願いします!

posted by チッカー at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15900444
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。