2006年05月25日

子育て中のお母さんを講師に派遣

海部津島地方を中心に、子育て中の女性に新しい生き方を提案する活動を続ける特定非営利活動法人(NPO法人)「ママ・ぷらす」の支援で、英会話教室や文化講座などの講師を務める子育てママの活躍が広がってきた。母親たちが安心して働ける環境を整える同法人の取り組みに関心が集まっている。

ママ・ぷらすは4月に法人化。大治町、甚目寺町、津島市と名古屋市中川区に支部があり、子育て中の女性が専門的な能力や社会経験を発揮できる地域の仕組みづくりや環境整備に取り組んでいる。

5月からはママ・ぷらすの主催で、子育てママが講師を務める未就学児向けの英会話講座「Baby High!(ベイビーハイ)」が、七宝町産業会館で開講。

講師を務める30代の女性は、以前に子ども英会話学校で指導をした経験があるが、現在は1歳半の女児を育てているさなかで、出産後は自宅から外に出て英語指導の活動をするのは難しかったという。

しかし、この講座ではママ・ぷらすから託児ボランティアスタッフが派遣されており、講座の時間中、講師の子どもの面倒も見てくれるので安心して講師を務められる。毎週金曜の午後、6組の親子に楽しく英会話を教えている。

このほか、6月に大治町公民館で2回にわたって開かれる「ワイヤ小物作り教室」でも、別の子育てママが講師を務める予定だ。

こちらの講座は、ママ・ぷらすが公民館から企画運営の委託を受けている。ママ・ぷらすは本年度、計20の文化講座を公民館から受託しているという。

ママ・ぷらす代表の川原史子さんは「子育てを生活の中心に置きながらも、女性たちが社会とかかわり、自分らしく輝ける場を提供する活動をさらに推進していきたい」と話している。

「ママ・ぷらす」のホームページアドレスはhttp://mama-plus.chu.jp(中日新聞より)
あまり、例を見ない活動だと思う。子育てをしているお母さんには多彩な才能や特技がある人が、大勢いると思うが多くはその才能を眠らせている。そのような人たちにとっては、社会とのつながりでその才能を発揮できる場を提供してくれるこの活動はすばらしい。

banner_03.gif にほんブログ村 子育てブログへ

クリックで応援お願いします!

posted by チッカー at 11:11 | Comment(20) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。